ナガサキアゲハ 幼虫から羽化まで

更新 2008.9.18

画像
2008.9.8 羽化




ユズの木に数ミリの幼虫を見つけ、当初クロアゲハなどかと推測していたが、ナガサキアゲハであった…。
生息域が北上して、いまでは東北にまで及んでいるというから、茨城県南ではさしてめずらしくもないのだろう。
野生の成体は未確認のままである。


8月22日 撮影10:30
右上に見えるのも同じく幼虫5㎜
画像


画像


画像


画像



8月27日きのうからサナギ化の動きが始まり、位置がきまった
画像


画像


画像



8月28日脱皮してみどり一色になる この時点ではまだ触れるとカラダをうねらせる  撮影11:00
画像


画像


8月30日カラダが固まる… 撮影08:30 09:20
画像 画像



9月7日その後のサナギ、ほかの幼虫… 撮影08:40
画像
全長42ミリ


画像
50ミリ、46ミリ、45ミリ

上と下の画像 もようの色のちがいに注目
下はナミアゲハらしい=9.11追記


画像
37ミリ…羽化せず


画像
こちらはまだ27ミリ ナミアゲハの幼虫と似ている…羽化せず



9月8日…午前6時50分までに羽化―成体の実物を初めて見ることとなる―撮影07:04~

画像


画像


ナガサキアゲハはサナギに1ccの茶いろい体液を残して飛び立つ…


画像


画像



ランキング
おひとり1日1回のクリック有効。励みになります。七里


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • みぃこ

    おはようございます。
    昨日はURLを忘れまして、ご迷惑をおかけしました。
    探して再訪頂きまして、お手数をおかけしましたm( _ _ )m

    ナガサキアゲハは湘南でも見かけていますが、七里さんは茨城の方ですか、もっと北上してるのですね。
    大きな蝶で尾が無いので私でも見分けられる蝶ですが。
    幼虫は見たことが有りません、緑と白が面白く交じり合って、自然の作り出すものの妙に驚きますね!
    2008年08月28日 07:19
  • 七里

    ●みぃこさん、幼虫も個性があってなかなかおもしろいものです。
     ナガサキアゲハの成体はネットの画像でしか見たことがありませんので、羽化に期待しています。
     この夏は、アオスジアゲハの卵から羽化まで、と猛暑にうちのめされながら入れ込んだものの、あまりの実りのなさにガッカリでした。
    2008年08月28日 15:51
  • 水魚

    蝉の羽化は見たことがあるのですが
    蝶はまだです。
    それにしても、幼虫と蝶の色の違いは驚きます。
    2008年09月08日 23:34
  • 七里

    ●水魚さん、私も蝶がサナギを破って出てくるところをまだ見ていません。それが見たくて準備しているにもかかわらずです。きのうから今日にかけてナガサキアゲハが3体、サナギ化へ。こんどこそはと思っています。
    2008年09月10日 20:39
  • RARA

    こんばんは!RARAです!蝶って凄いですよね。あの毛虫(毛は生えてませんが)がこんな立派に変身する・・・。まさに芸術ですよね☆
    2008年09月18日 20:39
  • 七里

    ●RARAさん、幼虫のあいだは派手だけれど、羽化すると意外に地味なのもいますね、ルリタテハなど。それにしても幼虫からサナギ、そして成体へというプロセスは、かたちひとつにしても手が込んでいます。神の手…ともいうべき手のことですが。
    2008年09月18日 21:21
  • みぃこ

    こんばんは。
    とうとう綺麗な蝶になりましたね。
    一ヶ月もの間、観察と飼育で、緊張なさったと思います。
    翅を広げると大きいですね。
    ほんとうにお疲れ様でした、すごいです。
    2008年09月19日 18:04
  • 七里

    ●みぃこさん、苦労した割にはたいしていい目を見ませんでした。ナガサキアゲハの羽化はこれ一匹でおしまいかもしれません。猛暑は蝶の羽化にも悪影響をおよぼす、という話も聞こえていますが。
     みぃこさんのコメントに対しては、おなじようなことをアオスジアゲハでもいってますね。ちょっとなさけない話です。でもご来訪感謝です。
    2008年09月19日 19:05