夏がすぎ、内なる夏も終わって(日記)

10月3日


画像
photo 2008.10.3


 ルリタテハというチョウは地味で、ことに羽のうらは焦げ茶の、枯葉もしくは樹皮のようで見栄えがしない。
 枯葉や樹皮にもいろいろあって、それをいったらきりがないけれど。
 サナギが羽化するのを期待しながら、羽化したところでいまひとつ面白みに欠ける。
 羽化したてからあでやかなキアゲハなどとは比べものにならない。


 だからなおさらというべきか、サナギの裂け目にのぞいたルリタテハの頭を見て息を呑んだ。
 ルリタテハの羽化の瞬間を見たのはこれが初めてということもあるけれど、これがそんな色彩を持っいるとはおもわなかった。
 そのとき頭は深い藍色だ。


 別種のチョウで目撃したように、サナギの表皮が裂ける直前、ぜんたいがゆれたか、またはサナギの頭部がふくらんだか、それはわからなかった。
 机に向かいながら、1メートルあまり前にあったサナギに変化があったのを目のすみで感じ、目をやると、いまサナギの表皮が裂けたところで、頭部がのぞいたのだ。
 それからは、仕組まれた流れのような動きでことがはこぶ。
 小さく折りたたまれた羽と腹部がほぼ同時に現れ、ぜんたいがサナギの下部にばらさがった。
 間髪をおかず、サナギをよじのぼる。
 それから1分ほどで、サナギにしがみつく脚の位置が決定する。
 そこで時間をかけて羽が伸びきるのを待つ。そのあいだ何度も褐色の液体を滴らす。ゼンマイ状の口吻がゆるんで伸びたり、また元のように丸まったり、くりかえす。
 飛び立つまで数時間…。


 脚の位置がきまったのを見て、
 「もう、これでいい」
 とおもった。
 チョウの姿勢のことではない。おのれの趣向のことだ。
 ひと夏、チョウに寄生して生きてきたようなものだった。
 夏いっぱい、そして秋のいままで、チョウの卵から幼虫へ、そしてサナギへと成長するのを見てきた。
 チョウの観察は、これでおひらきとしよう。そうおもった。
 気にかけ、手をかけても、たいして実りがなかったこともある。
 食草の確保、維持、飼育ケースの清掃など、世話は楽ではなかった。
 羽化のときをみたいとおもえばなおさらで、どこかへ出かけるのもままならない。
 ひとはだれだってそうだが、おれにもたいして時間がない。
 ただの好奇心で、さらにそうそう期待通りにはならないとわかれば、チョウのためにむやみに時間をかけるわけにはいかない。


画像
それでも、枯葉のほうがましだ、などとだれもいうまい…photo 2008.10.2 


 シロダモの若木は秋になっても若葉が萌え、いつのまにかまた新しい命がそこで誕生している。
 一匹が二匹になり、三匹になり、そのうちの一匹が消えて二匹になり…と自然の摂理とやらで盛衰をくりかえしている。
 アオスジアゲハの幼虫だが、それらのためにシロダモの葉をあらたに工面するというおせっかいはやめる。
 そばに蜘蛛の巣がある。巣を持たない蜘蛛も近くにひそんでいるだろうし、カマキリだってねらってくるだろう。
 幼虫よ、生きてやがてチョウになれ、と期待はするけれど、期待もその場でわすれるとして、幼虫のうちになにかに喰われたらかわいそうだなどとおもわないことにする。


 チョウには興味があっても、かつてその幼虫には関心をもたなっかたし(むしろ毛嫌いしていたし)羽化の瞬間などを見たいともおもわなかった。
 そんな、ちょっとまえの自分に還る。
 還るのが不可能なら、ともかくこのさきチョウへの関心を限定する。
 いちおうの決着はついた、とここでみずからに宣言しなければいけない。
 個人の趣味についてであるから、決着だの、宣言だのといっても、ことばの意味は非常に軽い。
 軽くて、はかない。
 もとよりことばは問題にしていない。

画像
photo 2008.10.2 


 羽うらの色を地味といったけれど、あれはただの焦げ茶ではなくて、非常に多くの色の集合が、あの色に見えているだけのことらしい。
 サナギから出たルリタテハは、朝の光の中で羽が伸びきるのを待つのだが、羽の色はけっして単純なこげ茶色でないことが見てとれる。
 鱗粉にメラニン系の色素が多いとしても、そればかりではないらしい。
 目を凝らせば、さまざまな色を発見できるのだ。
 サナギからのぞいた頭部は藍色だったけれど、サナギから出てしまえば茶色にみえる。
 それもわが目がごまかされているだけかもしれない。


蝶の羽じたいに色がついているのはアオスジアゲハなどごく少数派で、多くは羽についた鱗粉に含まれる色素が色として認識されるという。

ランキング
おひとり1日1回のクリック有効。励みになります。七里

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 水魚

    夏が終わりましたね。
    さびしいかぎりです。
    蝶の羽化していく動画ありがとうございます。
    正座して見る、そのような光景です。
    これは恵まれた環境と、優れた好奇心と、努力の人
    あってのことと感謝します。
    2008年10月09日 10:38
  • 七里

    水魚さん、革ジャン(なんていまどきいわないのかな)を着てでないとバイクは乗れない季節になりました。
    動画はコンデジで、購入して一年半ぐらいたって、ようやく積極的に機能を使ってみる気になりました。
    2008年10月13日 05:43