稲刈りのあとの田んぼのにおいは…

画像龍ケ崎市羽原町


稲刈りのあとの田んぼのにおいは
火を使っているのでもないのに
焦げたようなにおいがする。

あれはもしや
根から刈り残った稲の茎が
乾燥していくにおいだろうか。

それとも
田んぼ全体が乾いていくにおいか。

早くも芽を出した
若草のにおいか。

そしてこのにおいが
あぜに立ったからだに
すぐなじむのはなぜだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • yuuzilo

    懐かしい風景です。
    私は、藁塚で遊んだ時の藁の匂いと高い空を
    今でも覚えています。
    2010年09月11日 18:34
  • 七里

    ●yuuziloさん、なつかしがっていただけて幸いでした。
     また、そちらへもお邪魔します。
    2010年09月11日 20:49
  • misa

    長閑な光景ですね~。
    大阪でも郊外に行くと狭いけど田んぼがあります。
    刈り取った稲の匂いでしょうか。。。懐かしいですね。(^^)。
    2010年09月11日 20:53
  • 蝦夷之輔

    こちらはコメ所じゃないので経験が有りませんが何となく羨ましいです。
    この風景は自然じゃないのに自然っぽく感じるのは日本人の心象風景だからなんでしょうか。
    2010年09月11日 22:52
  • 七里

    ●misaさん、ありがとうございます。アゲハのためのユズの葉を採りにいったさいのコンデジでの撮影です。
    ●蝦夷の輔さん、「風暮らし」の歩みが遅くなっているようですが、どうぞごゆっくりと。
    これは、人の暮らしをふくめての自然ですね。
    見てくださった方には申し訳ないけど、このような写真でコメントをいただけるとは…期待していませんでした。
    2010年09月12日 10:17