紅葉のPATTERN

*いわば、写真の下書き きわだたせないこと。 光をあてながら。 影が主体であるがごとくに。 上の二枚は現物(葉)をスキャンした画像です。

続きを読む

チロリアンランプ(ウキツリボク)

花が終わって、穂を下げているように見えるのですが…。 これが花だそうです。 赤と黄色のコントラストが印象的!アブチロン チロリアンランプ(ウキツリボク)(4号)緑の風yamashokuアオイ科 アブチロン属 常緑低木丸みのある筒状の赤色の萼と、黄色い花とのコントラストが印象的なアブチ楽天市場 by ウェブリブログ

続きを読む

ジャコウアゲハ日誌

2009年6月26日更新 このページは、あとに続くジャコウアゲハに関する2ページを1ページにまとめています。 ジャコウアゲハのサナギ▲photo:2008.816 サナギは地方によって「オキクムシ」と呼ばれる。黄色のものとオレンジ色のものがある。他ブログより 8月22日 1目盛り=0.2㎜ ジャコウアゲハの産卵は庭のウマノスズクサの葉…

続きを読む

異端者への花束(4月の私的花図鑑)

日付は撮影日。このページは追加更新します。 ■くさのおう■しゃが■あけび(三つ葉)■あやめ■あけび(五葉)■むらさきけまん■きゅうりぐさ■つばき■たんぽぽ■にわうめ■はるしおん■おおばべにがしわ■やまぶき■きくざきいちりんそう■にりんそう?■きぶし■おらんだみみなぐさ■むらさきさきごけ 3月の私的花図鑑はこちら 4月18日 くさのおう  クサノ…

続きを読む

草の王(クサノオウ)

植物体を傷つけると黄色の乳液を流すので草の黄。 皮膚疾患に有効な薬草という意味で瘡(くさ)の王。 皮膚疾患以外にも鎮痛剤として内臓病に用いられたことから、薬草の王様という意味で草の王。( Wikipedia) photo2009.4.13~14 龍ケ崎市 ランキング参加

続きを読む

クロモジの花

photo2009.4.3 筑波山「ふれあいの里」付近 写真では黄色味をおびているが、見た目はほとんど緑色にちかい花。 ■植物名は電脳中年Aさんからのご教示(コメント) ランキング参加

続きを読む

末端の花、花の端末(3月の私的花図鑑)

■きつねのぼたん■むらさきさきごけ■ぺんぺんぐさ■すいせん/ひやしんす■さくら■おにのげし■ほとけのざ■つるききょう■ねこやなぎ■ひめおどりこそう■むらさきはなな■うぐいすかぐら■へびいちご■ぼけごくごく身近な花ばかりです。 おもに田の畦道、野など、自然のものです。 つたない写真ですが付き合っていただけたらさいわいです。 きつねのぼたん2009.3.31 花期が春から秋までと長い…

続きを読む

ゆきやなぎ

photo2009.3.19 龍ケ崎市八代町浅間神社 ムービータイプはこちら。3分45秒 クモの画像でおしまい。初めに戻ります。

続きを読む

凍るネコヤナギ

モモイロネコヤナギ 2月28日雪の一日があけて、あっというまに雪は溶け、 たんぼはまた黒土をさらした。 ネコヤナギがかぶった雪は凍り、けさは曇って陽ざしもないが 雫となって落ちはじめ… きさらぎの日々をしめくくる。 他人の無責任な喝采、放言がわたしの夢を育むいっぽうで、  …

続きを読む

6枚の花弁のヘビイチゴについて

▲▼きょう午前 ▼午後 2月16日 通常5枚の花弁が、6枚のヘビイチゴの花をおととい14日に撮ったが、確認のため数度畦道にかよった。 春一番のあと、気温が下がり、花が開かず、きょうになってようやく目的を果たした。 ただ、午前は北風が強く、花びらは半ば閉じたままであった。 午後になって東の風に変わり、こんどは花は開いたけれど、…

続きを読む

かわいい盛りのピンク猫柳

photo2009.2.15 上の3枚はコンデジCanon PowerShot A550 花モード 下の2枚はOLYMPUS E-510 さいきんでは葦原を撮ったさいもそうだったのだが コンデジのほうが思いどおりの写真が撮れるなあ とおもう、未熟なワタシなのである…。 2月20日 追記 2.15…

続きを読む

シロダモのゆりかご●蝶の幼虫の記録

■羽化までの47日7月9日~8月24日 ▼7月9日 シロダモの若木にアオスジアゲハ産卵 photo:14時12分 産卵直後 直径約1.3ミリ ▼12日 ▼13日 卵の色が変わり、もようが見え始める ▼13日 13時45分 孵化 生まれたては白っぽく、しだいに黄色みをおびてくるが、やがて黒くなる   体長約2.5ミリ 上の卵は…

続きを読む

シロダモの虫こぶ、クサギの幼虫

▲きんいろの<ウブゲ>が残るシロダモの若葉に虫こぶが…。 ▼うら側 いっぽんのシロダモの樹で、多くの葉が虫こぶにやられている場合がある。 ▲photo:2008.7.23▼photo:2008.8.18 クサギの樹の葉にシモフリスズメ(蛾)幼虫 約100㎜ ランキング参加

続きを読む

反水域の困惑

ビロードモウズイカ 田んぼの一角にこれひとかぶ、2メートル強の長身を屹立させている。 ヨーロッパ原産の帰化植物、バーバスカムのなかま。 ●ランキング参加

続きを読む

野菜の花は土と闘い、きみは野の花と戯れ

植物名などご教示いただけたらしあわせです。 ●katoさん、ご教示感謝します。 かたわらでは、野菜の花々が、いままさに土と格闘しつつ咲いている。 おとしよりが畑に這いつくばって仕事をしている。 きみは野の花とたわむれる。 ●二ゲラ ダリア 詳細不明 丈1~1.5メートル …

続きを読む

トンボを待つ日々

こちらの蓮池は<食用>。 日を追って葉が成長している。 しかしわたしの楽しみは、花でもない、レンコンでもない。 このあたりをあまた飛び交うトンボ、チョウの姿だ。 そしてもうひとつ、アヅチグモを探すにはもってこいの場所なのだ。 2008.6.21龍ケ崎市別所町 ランキング参加

続きを読む

反水域の思想

元・小川、現・ど…bu。 どぶ、といいきれないもどかしさがある。生活排水が流れ込んでいる流れではないゆえに。 しかし、小川ではない。たとえばここにたまたまザリガニやコイなどが棲んでいるとしよう。 それでも小川ではない。メタンガスが発生しそうなところを<小川>とだれがいうだろう。 ザリガニもコイもまことに生命力強靭で、慣れてしまえば悪水にも耐えられる。 ことにザリガニは、カラダがかわ…

続きを読む

みどりのスクエア・ネック

以上の4枚はバーベナ・ボナリエンシスの茎の断面。 あぜに咲いていたのが農作業で刈られ、拾ってはじめて茎が角ばっているのに気づいた。 ものはついでと、庭にあるものから選んで茎の断面をのぞいてみた。 左から、どくだみ、おらんだかいう、おにのげし おにのげし ●ランキング参加

続きを読む

クロツバメシジミもとびかう公園

  …龍ケ崎市たつのこ山にも夏のけはい。   意外、といってもいいのだが、   ここで何頭ものクロツバメシジミに。 クロツバメシジミ♂ 龍ケ崎市たつのこ山公園 ●ランキング参加←クリックしていただけたら励みになります。

続きを読む