臼澤みさきさんのAmazing Grace~赤とんぼ(short vr.)

この子の歌は「名前」などまだ2,3曲しか聴いていないが、 ごくごく近い将来、 演歌畑からも大輪を咲かせるのではないか、とおもわせる。 (演歌好きのおじさんは、熱烈にそれを期待する) こんなふうに「赤とんぼ」を、コブシをきかせて唄ったら、 ガッコのセンセには叱られそうだけど、 情緒200%の、 素晴らしい歌だと、わたしはおもう。…

続きを読む

『アリスの魔法』

■アリスの魔法 ●バラード、ムード歌謡 ●作曲・編曲/七里 ●サイトmuzieミュージー登録1月1日 ◆ぜひ聞いてください。お気に召しましたら、どうぞダウンロードしてください。こちら

続きを読む

新曲「まぼろしの花ならば」(演歌)

歌はまだ入っていません。インスト版を聞いてください。 作詞 仲山 清  作曲・編曲 かざき翔 まぼろしの花ならば ことばかず少なに むかしの恋ひとつ ほほえみを絶やさず あなたは話した グラス持つ手細く お酒は強くなさそうな まぼろしの花束を 抱いていたいね リクエストしたのはどなたか ジャズも好き くせのある酒場の ほどよいざわめき あなたには…

続きを読む

ダンスミュージックで演歌『冬の旅人』

詞:仲山 清  曲:SOULBOX 冬の旅人 アオサギ一羽、常陸国(ひたつくに) 枯れた芦野に風を編む 雲がふたする水戸街道 家並はとぎれ、はらはらと つかのま、おんな文字の雪 書き手いずこの恋てがみ 凍てつくみず田、地の果てへ まろぶばかりに顔ふせて ひとは行きずり、水戸街道 会釈を返し、ふりむけば 蓑、杖、分け荷、かげりなく わかき絵師やら、背に薫陶…

続きを読む

『兇状持ちの唄』YouTubeより

作詞 仲山 清  作曲 SOULBOX  歌 辛鐘生/将太 -------------------------------------------------------------------------------- あたまを撃つよな雷(いかずち)きいて 兇状持ちがすくむ はたごの二階でひる酒あおる 関所破りのたびの果て ああ まるで八方ふさがりの 闇から逃れら…

続きを読む

新曲『兇状持ちの唄』

作詞 仲山 清  作曲 SOULBOX  歌 辛鐘生/将太 あたまを撃つよな雷(いかずち)きいて 兇状持ちがすくむ はたごの二階でひる酒あおる 関所破りのたびの果て ああ まるで八方ふさがりの 闇から逃れられたら 雨が降り出すまえに 雨雲あつめてうず巻く風に 鳥が飛び立つ よろめいて飛ぶ ああ 情けなや わが身みる思い いそぎ もどれ 森へ 雨が降り出すま…

続きを読む

帰れる夏があれば ♪オリジナル曲

帰れる夏があれば Musicとしたん 帰れる夏など あるはずがない あるはずがない夏へ だから帰る われた背なかを のぞいてみるかい のぞいた顔をうつすだけだよ むかしむかしの時代の水が いまなおさざめく われていなかったころの背なかを だれかにやさしく たたかれるみたいに だからいたたまれず いつでも帰る われた背なかをかたくとじて あるはずのない夏へ …

続きを読む

ミニ・スタ Ⅱ

♪ハイ・ハイ・アーにあり 唄が、あのかたを求める手つきになれば かの詩人がよりたかく風船を打ちあげたように もっとたかく声を放つ 上のA(アー)の、さらにもうひとつ上のAへと。 唄はもはや 声ではなく、風船のようなものとして 光さえ発して、大気をゆする。 ゆれる大気におされ 地にはじかれ 身をおどらせた水銀の蜻蛉よ、 そらの青の微熱よ。 …

続きを読む