チョウのストローの作られ方(動画あり)

(7月21日動画追加)  鮮明な画像ではありません。  ほんのつかの間のことで、瞬間をうまくとらえることができませんでした。  羽化してまもないイチモンジチョウ。  二本のストローが見えます。(触覚はあたまの後ろからゆるやかな逆S字形にのびている)  すこしのあいだ、せわしなく、それぞれに丸めたり伸ばしたりさせていました。(撮影06:00)   次の画像では一…

続きを読む

ノシメトンボの…

2011-10-11 あれから7ヵ月。 ノシメトンボ  テレビ・ラジオなどの地震速報から龍ケ崎はもれる。いつも震度不明だ。  で、土浦あたりの数字がああだから、ここいらもまあそのくらいか、なんて推量するほかない。  さいきん、こんなことをいっている人がいた。 「龍ケ崎にももちろん震度計はあるんだ、あっちこっちに。だけどすげえ頑丈なとこに据えつけた…

続きを読む

秋の桜/筑波山

秋桜と書けば、コスモスだが。 こちらは、秋の桜。 花のようすから、十月桜? 筑波山はふれあいの里、親水植物園入り口付近に何本もあります。 きょう10月7日撮影。 ピントは、ややや…で恥ずかしいが。 筑波山では、このほか、ざくろの実、ゴンズイの実、ヘチマの花、柿の実、沢の風景など撮影。 鳥などがかじった痕らしい柿の実に、ヒメアカタテハ、ウラギンシジミな…

続きを読む

小貝川のほとり(岡堰)

撮影9月6日=中州へ渡る橋をつけ加えて以来、名所(茨城百景)を台無しにしている岡堰…。 9月7日 きょうは新利根川へ。ボラの群れがすごい。十分に、とまでは望まないけれど、かれらが健康体でありますように。 

続きを読む

いとしきアゲハだ

蝶の羽化、<不作>の年。 これは拙宅でのわずかな羽化のうちの一匹。 ブーツにすがりついて、サナギ化したナミアゲハで、すでに6月、当ブログで別の画像をUPしている。

続きを読む

いとしき夏だ(昆虫たち)

ことしの夏は、セミが鳴きだすのが遅くて、やきもきした人が多いようだ。 もしや、あれのせい? とわたしなどは大いに悲観した。 しかしともかく、遅ればせながらセミしぐれが襲ってきて、ほっとしたのだ。 気になるのは、シャーシャーというクマゼミらしい声が、いくつもきこえること。 ここは茨城だど――。 かずが少ないから、アブラゼミなどよりはるかに静かだが。 毎年、ジ…

続きを読む

メスグロヒョウモン♀

2011.6.28 自宅/マサキ生垣 庭の柚子の木では、直径が1ミリ歩かないかの、うすいクリーム色のたまごから、 1.5ミリくらいの体長のアゲハの幼虫が、けさもいっぴき、ふ化している。 北のほうの、たえまがないらしい不気味な閃光におびえながらの日々だ。 しかし、いっぽでう、きょうもどこかで子どもがうまれ、 こうして虫たちも生を展開している。 ぼくらはともかく、なにかし…

続きを読む

アゲハ(さなぎ)にブーツをうばわれるの図

●玄関のブーツをしばらくのベッドにえらんだナミアゲハの幼虫 ▼6月10日 体側の白いタマのつらなりがナミアゲハの特徴 ▼6月11日 ブーツを背にしているようにもみえるが、はらをふくらませ、 ヒモで背をささえ、こちらに折りたたみ式の羽がつくられる 大きさ 約32ミリ

続きを読む

ハナバチの仲間? 体長10ミリ/吸水

ハナバチの仲間とおもわれるが不明。体長約10ミリ。葉はツルバラ。6月1日撮影/自宅庭 タイトルに<吸水>と入れたが、じつはこれはなにをしているのか、わからない。 水滴を吸い込んだのを見届けたわけではない。 カメラを近づけすぎて、逃げられている。 写真は撮影した番で掲げた。 水滴は口もとで、球体になったり、先へ伸びてヘラのようになったりしている。 そもそも、このムシの口…

続きを読む

羽化=ナミアゲハ

■3月31日 昨年、庭のユズの木から採取した2個の卵が、夏、サナギ化し、そのうちの一匹。 午前6時半ごろの羽の状態などから、昨日、夕方遅くから夜にかけて羽化したとおもわれる。 (中)羽化一日前のサナギ  (右)ぬけがら

続きを読む

ジャコウアゲハ、羽化

あたりまえにチョウが羽化する。けれども あたりまえがあたりまえでなくなる不安を、いま、この国の多くの人がかかえている。 きょうはきのうよりも飲み水の放射性物質の濃度が低くなった… そんなことがちょっとした気やすめになるなんて。 日経ビジネス『今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう』こちら■3月26日 このひとは、懲りない。 天罰発言について、「片言隻句をとらえて」と…

続きを読む

つんく♂の歌を聴いた

3月23日更新 Love is here ~希望の光~ /つんく♂ ●つんくさんは三人目のお子さんが生まれたばかりで、たったいまの日本のありようから未来をおもんぱかる気持もひとしおかとおもわれます。  この曲ができるまでのエピソードをご自身が書いています。こちら 震災された皆様、そして日本の皆様へ「小さな愛を大きな力」にする為、制作した曲をいち早くお届けします。どうぞ聞いてくださ…

続きを読む

さむさの春もおろおろあるき

■3月20日 きょうまで行列が続いたスタンドでレギュラー終了、ハイオク残すのみ。灯油も入荷予定なし。(MITSUI店員談) ■3月19日 18時56分=茨城県北部:震度5強 龍ケ崎:震度3 震源地:茨城県北部 M6.1暖房用の灯油もない。 なるべく厚着をして寒さをしのぐ。 ガソリンはバイクに入っているのが残り走行距離約200キロメートル分。 買いものは自転車で。 (ガソリンスタンド…

続きを読む

とんぼやのトンボ(2010)

夏、少しですが、トンボを撮っていました。 ほかのことどもにかかずらっていて、「やんま工房」を看板にしながら、トンボはあまりアップしてこなかったことに気づきました。 まずは、ことし撮ったトンボを集めて電子書籍でも作ろうかと、いま、ファイルを覗いています。

続きを読む

冬のカマキリ

あらしが吹き荒れ、鮮やかな紅葉が一夜にして冬の木立にかわる。 そうしてやせた木々の下、モミジのぬれ落ち葉のかたわらにたたずむカマキリ。 小柄ながら、毅然とした風情である、さむらいのごとく。 しかしここでは、いつなんどきひとに踏みつぶされるか、知れたものではない。

続きを読む

赤とんぼ/11月の陽だまり

バイクのシートに集まった赤とんぼ… 晴れた日はいつでもそうかというと そんなことはまったくなくて この日このときの偶然。 11月2日 11月3日 とんぼEMIミュージック・ジャパン長渕剛ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by

続きを読む

とんでるハナアブ

ハナアブ/セイタカアワダチソウ♪ムネに手をあて  ふりかえり ふりかえり… しかしきみ振り返らず 突進あるばかり。

続きを読む

飛ぶまでは木のクズでやんす

ツトガの仲間? それともハマキガの仲間? 木屑のように見えるが、飛べば、ガ以外のなにものでもない。 あるいは折りたたみ傘のたたずまい。6~7ミリ。 右が頭部。脚は六本そろっている。種類名不明。葉はユズ。▲10月6日撮影 7~8ミリ。上と同種か不明。もしや、コナガ?▲10月10日撮影

続きを読む