たとえば20世紀のヒラメキ

電球/クリヤーランプ 現役だが… 昨年2010年は、記念すべき終焉の年でもあった… 東芝ライテックは3月17日、「一般白熱電球製造中止式典 」を催した。 …いまさらながらではあるが、製造中止された白熱電球だけでも103種類あったとは!

続きを読む

カタコトの日本語で割れるタマゴ -2-

なにを好き好んでこんな写真を、といぶかる方もおられるかもしれない。 タイトルもヘンだし。 じつは、前回の写真とともにフォトポエムをつくるつもりで撮ってみているのです。 詩のほうは、もうとっくにできているのですが…去年です。 画像としてのイメージはまだまとまりません。 出来上がりはですから、新年になって 足かけ三年のフォトポエムになりそうです。 こんな安価な…

続きを読む

たとえばこんな赤い灯

クリスマスを ひとりで過ごしているわたしから 見知らぬあなたへ。 あまりにもささやかな。  ★撮影2010.12.25/ホオズキ

続きを読む

とんぼやのトンボ(2010)

夏、少しですが、トンボを撮っていました。 ほかのことどもにかかずらっていて、「やんま工房」を看板にしながら、トンボはあまりアップしてこなかったことに気づきました。 まずは、ことし撮ったトンボを集めて電子書籍でも作ろうかと、いま、ファイルを覗いています。

続きを読む

枯れ葉つづき

きょうもまた、枯れ葉であそんでしまいました。 きのうは、冷えきって、バイクのエンジンがかからず、 やむなく自転車で買いもの…。 きょうは、陽が当たるところへバイクを移動しておいて、 エンジンはかかったけれど、 出かけるにはやはり寒すぎて。 電子書籍というやつを、きょう初めて作ってみました。

続きを読む

冬眠するお菊さんたち/ジャコウアゲハ・さなぎ/動画

                    自宅飼育のジャコウアゲハ。                     サナギはお菊虫とも称する。                     夏にサナギ化した越冬派。                     春には羽化。                     アゲハでは1月にも羽化するものがあるので、                     …

続きを読む

11月、曙光/ダリア

夏、魅了された銅葉ダリアは見る影もない… 画像はあらかじめヨコ1024に縮小してアップしています。 このブログのアップローダーに縮小機能がついているのですが、それを利用すると けっこう大雑把な縮小で、画像を貼り付けるとページが重たくなり、 スクロールにも支障をきたすようです。 きのう、おとといと、めずらしくINポイントが入…

続きを読む

とんでるハナアブ

ハナアブ/セイタカアワダチソウ♪ムネに手をあて  ふりかえり ふりかえり… しかしきみ振り返らず 突進あるばかり。

続きを読む

逃げろ蝦夷之輔! アズチグモがいる

豪傑みたいな名前だが 蝦夷之輔は ミリ単位の大きさのクモにも 怖気をふるうのだ ウフフ… クモの巣を見ただけで クモの巣に足をからめられる気がするのだ きょうはあまりかわいくない アズチグモを 蝦夷之輔の寝床に放つとしよう。 体長約7ミリ photo2010.10.11~12

続きを読む

飛ぶまでは木のクズでやんす

ツトガの仲間? それともハマキガの仲間? 木屑のように見えるが、飛べば、ガ以外のなにものでもない。 あるいは折りたたみ傘のたたずまい。6~7ミリ。 右が頭部。脚は六本そろっている。種類名不明。葉はユズ。▲10月6日撮影 7~8ミリ。上と同種か不明。もしや、コナガ?▲10月10日撮影

続きを読む

トンボの歯ぎしりを聴いたかい

 駐車場の周縁にくいが打たれ、太い針金がいっぽん張り巡らされている。  この針金がトンボの恰好の休息の場らしく…いや、トンボがそこに止まって、はたして休息しているのかどうか、そんなふうに見せかけて獲物の飛来を待ち受けているのかもしれないが。  手なぐさみの写真撮影で針金の上のトンボを撮っていると、入れ替わりにやってきたトンボがいて、そいつは口の部分を光らせている。なにかとおもえば、小さな…

続きを読む

嫌われ者スベリヒユの開花時間は朝2~3時間

道路に除草剤を散布したあと真っ先に顔を出す植物のひとつにスベリヒユがある。 田んぼのあぜ道にも多い。 やたらに繁茂するので、畑作農家の人は、名前を聞くだけで気が重くなるらしい。 (もっとも、食材として栽培している農家もあるというから、とても一筋縄ではいかない植物なのだ) この花についてwikikediaを覗いたら、接写した花の画像が待ち望まれている。 スベリヒユの花は、季節がく…

続きを読む

スベリヒユの花と莟(接写)

つぼみ 乾燥耐性があり、畑や路傍など日当たりの良い所に自然に生える。 農業においては畑作の害草として知られ、全般的に執拗な雑草として嫌われる傾向にあるが、地域によっては食料として畑作もされる―Wukipediaより― <ランキングに参加しています> にほんブログ村

続きを読む